産業用太陽光発電のメリット・デメリット

大手企業が太陽光発電の事業に参入をし始めている時代です。産業用の太陽光発電は注目を浴びている存在ですから、一度考えてみてもいいと思います。

産業用というととても大きなものとして捉えがちなのですが、10KW以上であれば産業用です。大体300万円ぐらいから産業用の太陽光発電が導入できると思います。屋根、もしくは空き地などではじめられるのですから、産業用に参入する企業が増えているのも理解できます。

産業用の太陽光発電を導入するメリットというのは、まず発電した電力を全て買い取ってもらえるところ。産業用ですから、余剰電力だけを買い取るのではなく、発電した全てを買取してくれるのです。これは20年間まで買取が適用されるのですから、長い目で見ても産業用の太陽光発電を導入するメリットは大きいでしょう。また、単価にしてみると家庭用よりも安く導入できることもあります。

逆にデメリットはどこにあるのかというと、まずは初期費用が大きくなってしまうところ。最低でも300万円はかかると最初にお話したように、ある程度の金額は覚悟しておかなくてはなりません。もちろん設置面積も家庭用よりは大きく必要になるので、その費用なども考えると結構かかると思います。

メリットとデメリットを比較しながら、産業用の太陽光発電について考えてみてください。