「地下鉄赤塚」駅徒歩4分の新築分譲マンションを紹介します。

都内の好立地で有楽町線や副都心線、東部東上線を利用できる新築マンションをお探しであればこちらの物件案内をチェックしてみませんか。新築分譲マンションの販売で人気と実績のある丸紅の「グランスイート下赤塚」をご紹介しています。

板橋区赤塚エリアは都心へのアクセスが良く、温かみのある商店街や子育て環境に恵まれています。東武東上線「下赤塚」駅から徒歩2分、東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄赤塚」駅から徒歩4分、池袋駅まで10分で新宿・渋谷へ直通のレイルアクセスが人気です。

通勤通学の時間を短縮したい、子育てに便利なエリアに住みたい、日常生活を満喫できる便利な街に移りたい方は、板橋区赤塚に誕生する丸紅の新築分譲マンション「グランスイート下赤塚」に注目してみませんか。

物件の詳しい間取りや設備仕様を確認したい方は資料請求だけでもオーケーです。現地モデルルームの見学を希望する方はマンション販売準備室で受け付けています。こちらのサイトの専用フォームかフリーダイヤルから申し込みましょう。

丸紅のグランスイートシリーズに興味がある方は、無料のコムズ倶楽部に入会しましょう。分譲予定のマンション案内やイベント情報などを優先的に届けてもらえます。

産業用太陽光発電のメリット・デメリット

大手企業が太陽光発電の事業に参入をし始めている時代です。産業用の太陽光発電は注目を浴びている存在ですから、一度考えてみてもいいと思います。

産業用というととても大きなものとして捉えがちなのですが、10KW以上であれば産業用です。大体300万円ぐらいから産業用の太陽光発電が導入できると思います。屋根、もしくは空き地などではじめられるのですから、産業用に参入する企業が増えているのも理解できます。

産業用の太陽光発電を導入するメリットというのは、まず発電した電力を全て買い取ってもらえるところ。産業用ですから、余剰電力だけを買い取るのではなく、発電した全てを買取してくれるのです。これは20年間まで買取が適用されるのですから、長い目で見ても産業用の太陽光発電を導入するメリットは大きいでしょう。また、単価にしてみると家庭用よりも安く導入できることもあります。

逆にデメリットはどこにあるのかというと、まずは初期費用が大きくなってしまうところ。最低でも300万円はかかると最初にお話したように、ある程度の金額は覚悟しておかなくてはなりません。もちろん設置面積も家庭用よりは大きく必要になるので、その費用なども考えると結構かかると思います。

メリットとデメリットを比較しながら、産業用の太陽光発電について考えてみてください。